Main Page in EnglishIn PortugueseIn SpanishIn BulgarianIn HungarianIn Czechkorea33germany33japan32

Apply Now!

CICDへようこそ!


19 2 ようこそCICD WEBサイトへ。ここでCICDの活動を紹介することで、私たちの日常生活がどのようなものであるかを垣間見てもらいたいと思います。 CICDには現代での重大な問題に積極的な姿勢を持ち、貧困に直面している人々の手助けをすることを決めた人々が多く集まります。1998年以来、CICDでは数百人もの開発インストラクターを養成してきました - 様々な年齢層、80の異なる国籍、異なる宗教、あらゆる面で異なったバックグラウンドを持った人々たちに対して。彼らはアフリカやインドにおいて、Humana People to Peopleによるプロジェクトで、貧困に直面している人々と共に、生活の向上・改善のため、現地の最前線で開発の手助けをする活動を行っています。私たちは同様のプログラムで11の姉妹校を持っています。私たちと一緒に開発プログラムに関わる何千人もの人々や学校で私たちと学ぶ学生が、今日の世界において、積極的に最大の矛盾である貧富の差の改善に影響を与えるような、ユニークな国際的なグループを組織します。国境や戦争で分けられ、多くのものを持っているがさらに得ようとする人の貪欲によって支配される世界では、貧富の格差は顕著です。

私たちの運動は、個々の人間のための連帯、信頼、向上と尊重の上に構築されています人々を生活のために不信と無関心で分裂させている、近年の暴力的な紛争が衝突している世界で、私たちが行うあらゆることにおいて、私たちは精神と文化を維持することに努めます。絶望的な状況に置かれている貧しい人々は、次の食事を通して自分自身と家族の未来を見るために、頭を高く上げる救いの手を必要としています。

私たちは、単に研究され理論化される現象として貧困が扱われないことを強調するためにを言葉を使います。私たちは貧困に直面している大群衆をみます。-彼らにはチャンスがありません、そして世界の一部の国々による世紀の開発の犠牲者となっています。ーそして搾取は今日まで続いているのです。世界の人口の半数以上が1日$2.5未満で生活しています。それは好ましくない状況であり、我々はこの状況を変える必要があります。私たちが協力し合えば、山をも移動することができるように、私たちは貧困に直面している人々と肩を並べ合い協力しなければいけません。

私たちは、世界を変える唯一の方法は、多くの人が「もう十分です」と言い、自身や次世代のために必要な未来を作り出すことであると強く信じています。 私たちは政府や関係者の行動を待つことができません。貧困層の状況は改善されることなく、悪化しています。アフリカの家族の平均消費量は過去25年間で20%減少しました。今日、この時代において、なぜあらゆる資源・利用可能な技術やノウハウがありながら、このようなことが起こるのでしょうか? 同時に、豊かな国は国境を閉じ、貧しい国に対して債務の支払いを請求し、貧しい国へ利益を提供することなく、自国の利益を得るための融資や助成金を条件に課しています。これは個人的な利益のために競争することによって導かれる経済システムの結果の一つです。

個人の場合、この全てが非常に困難なことになり得ます。私たちは今、環境に無関心な法案が可決され追加される場合、行動しなければなりません。しばらく前から、地球温暖化の影響を分析することは困難なため、一方では、そのようなものは存在しなかったと述べ、他方では温度が上昇するであろう、50年後の開発の非常に荒涼とした絵を描きました。今、もはや気候変動は実際に起こっていることは、何の疑いもあり得ません。 一部の科学者は気候変動を元の状態に戻すには遅すぎる、私たちができることは、最悪の事態に備えての準備だと言います。政治家や指導者は団結し、明確な方向をさし示すことができません。私たちは、大幅に燃焼された化石燃料が不足していることを知っています。私たちはまた、世界人口の増加とそのうち最大の増加は世界の最貧層部分であると知っています。したがって、私たちが育ってきたライフスタイルと消費のレベルが継続できないことは明らかです。津波、山火事、洪水、地震 - 私たちは、深刻な自然災害の増加を目撃しています。そのため、計画と戦略を持っていることは理にかなっていますが、世界の指導者だけに頼り、解決・改善することはできません。したがって、我々は団結し、別の未来を創っていく必要があります。

賢明な哲学者はかつて言いました: "問題を調査するには、それを解決すること同じである”と。今後数十年間に直面する課題についても同様なことが起こるでしょう。我々がその課題に立ち向かうとき、正しい行動を取ることができるように調査・理解し、それらに対処する方法を学びます。同様に、これはまたCICDにも適用されます。我々のプログラムのすべてが私たちの時代の問題に強固な基盤を持っています。その基礎は、私たちが団結して生活し働くことです。私たちが直面している問題は、一人で解決するにはあまりにも大きいのです。

我々は、すべてのレベルでの開発において活動します。アフリカやインドでのプロジェクト、CICDで、より広いコミュニティで、チームやグループで、一個人という立場において、良い方向に物事を変えてみてください。それは簡単な旅ではありません。開発での​​作業はマニュアルが存在しないため、エキサイティングでありチャレンジングです。あなたはマラウイの状況を改善するために、どのようにコミュニティーを手助けしますか?百科事典では正しい答えを見つけることができないでしょう。恐らく「正しい」答えはありません。あなたは、想像力と創造性を使い、あなたの失敗から学び、勇気を持ち、決してあきらめない姿勢も持つことが必要です。研究は正しい分析を行うために役たつかもしれませんが、何かを学ぶための最善の方法は、他者の経験と組み合わせて研究することです。これはまたCICDでの取得アプローチ方法です。ここで学ぶことは、アクションに基づいており、あなたは常にプロジェクトの活動、計画及び結果に関与することになります。

CICDでは、誰もが平等に学校の運営に参加しています。私たちには様々な実用的なタスクがあります。料理やキッチンでの食材管理。また必要に応じて、メンテナンス・修理を行います。さらに、独自の果物や野菜を栽培を行う庭を持っています。我々は定期的に車をチェックし、共同で経理の管理を行います。集団生活を行うことは、互いの健康や成長に対する責任を共有することでもあります。多くの場合、このように他者と一緒に生活しすることは、初めてのことです。これは時に意見の交換につながり、他の人と物事を共有することを学ぶ機会になります。私たちは皆、私たち自身の社会的スキルと他者とのかかわりを通じ、活動をしなければなりません。

私たちの教授法は、型にはまらない、我々の生徒と教師自身の両方に挑戦しています。全てを最大限に活用するために、私たちは積極的に関与する必要があります。当社のウェブサイトを参照してくださいご質問の場合は、お気軽にご連絡ください。

Movies from CICD's programme

When I was in Africa - 6 months volunteer experience CICD May team 2015
When I was in Africa - 6 months volunteer experien...

Our May Team 2015 speaks about their experiences in projects in Zambia and Malawi. To know more visit http://...

CICD - Our reasons to be here
CICD - Our reasons to be here

Some of the members of CICD shared their reasons why they joined the College, what moved them to change their ...

Six Months As A Volunteer In Zambia
Six Months As A Volunteer In Zambia

Liliana from Portugal talks about her six-month experience as a CICD Volunteer in Zambia

CICD   take action in the fight for a better world
CICD take action in the fight for a better world

Enjoy some "snap shots" of the life and activities at CICD - a place for people from many countries, in all ag...

Life in Moçambique through the eyes of Kiyomi
Life in Moçambique through the eyes of Kiyomi

Kiyomi Iida from Japan was a DI at CICD in the November team 2008, and did her 6 months service period in Moza...

August Team 2012- England to Guine-Bissau
August Team 2012- England to Guine-Bissau

Travelling overland to Africa is part of the programme for Fighting with The Poor / August team 2012. Here the...

Volunteer in India - Project 2
Volunteer in India - Project 2

Meet Ricardo and Nhuria, 2 Development Instructors from CICD at Academy for Working Chldren in Dhanwapur Gurg...

CICD live Music Event
CICD live Music Event

Monday 8. April 2013 a Live Music Event to support the travel overland to Africa of August team 2012 took plac...

Volunteer in Africa - From England to Africa with CICD
Volunteer in Africa - From England to Africa with ...

Meet the November team 2012: Fighting with The Poor / 18 months. Follow them throught the 6 months of studies ...

Volunteer in Africa or India with CICD
Volunteer in Africa or India with CICD

Are you ready for big challenges? Would you like to take action together with others to make the world a bette...

Welcome Song
Welcome Song

When Zlatko and his DI-trio from CICD arrived at the project in Zambia, they were greeted in the local school ...

Volunteer in India - Ricardo experience
Volunteer in India - Ricardo experience

Rcardo experience: Ricardo tells about how he prepared at CICD in England and then together with team mate Nhu...

Project DAPP Namibia
Project DAPP Namibia

DAPP means Development Aid from People to People, one of Humana's member organisations in Namibia. This film t...

Volunteer in India - Project 1
Volunteer in India - Project 1

Ricardo and Nhuria, Development Instructors from September team 2011, tell more about their experiences workin...

CICD - Winestead Hall - Patrington - Hull  - HU12 0NP  - England  - tel +44 (0)1964 631 826  - CONTACT US FORM

S5 Box

Login